スーホについて

株式会社スーホは、より広いビジネスの世界を開拓していきます。..

私たちスーホが追求しているビジョンは、顧客企業との事業における持続的な成長を実現することと、それに伴う確かな価値を創造することです。これまで スーホ は、データ復旧事業を開始して以来、様々な分野の顧客や提携パートナーから、ITに関するご要望や開発のご依頼を数多くいただいてきました。また、データ復旧以外の、ソフトウェア、ソリューション、システム関連などの分野においても研究開発を行ってきました。私たちは、豊富な経験と信頼をもとに、今後もさらにお客様の課題を的確に把握し、最適なITサービスをご提供していきます。

CI (Corporate Identity) 紹介

株式会社スーホのCIは、“大切なものを優しく抱きかかえている人“と、スーホの頭文字“S“を合わせてシンボル化しています。お客様の大切なデータや機器を、心を込めて大切に扱うという、私たちの理念を表現しています。

また「スーホ」とは「雲」を意味する言葉で、CIに使われている青色は、どこまでも続く広い空です。壮大な“雲“と“空“に、グローバルIT企業であるスーホを重ねています。

BI (Brand Identity)紹介

DATA OK

当社のデータ復旧ブランドであるDATA OKのシンボルマークは、「DATA OK」の頭文字「D」を採用しています。
また、すべての業務に一生懸命に取り組む情熱を、赤を使って表しています。

デザインはハードディスクのヘッドとプラッターをイメージしており、これはお客様のデータを安全に守るという決意を意味しています。無限のデータを書き込む白いプラッターは、お客様の無限の可能性の象徴です。

赤いヘッドが新しいデータを書き込むたびに、お客様と共に成長していくことが、私たちの願いです。

DATA OK

アイラブフォンは、iPhone修理サービスを始めカスタマイズや内部クリーニングを行う専門会社であり、iPhone修理に関する技術と多様な修理事例を通したノウハウを有しています。

国内発売済みの全てのiPhoneを対象とした、ガラス交換・デジタイザー交換・液晶修理・バッテリー交換といったサービスは開始以来、多くのお客様にご利用いただいております。

アイラブフォンは優れた修理技術とiPhoneの構造理解、修理に必要な設備を全て兼ね備えています。サービスの開始は2010年12月と、日本のiPhone修理サービスとしては後発のスタートでありながらも近接センサーの問題を日本で最初に解決した実績を誇ります。