アクセシビリティ

概要

株式会社スーホでは、ご覧いただいている本Webサイトが誰にとってもアクセスしやすいよう、適宜サイトの改善を行っています。 インターネット上には視覚等に障害を持つ方や体が自由に動かない方、異なる文化を持つ方など様々な人が混在していますが、より多くの人にご利用頂けるよう、シンプルで分かりやすいサイト作りを心がけています。 サイトのアクセシビリティに関するご質問や、ご提案も歓迎しています。我々はサイトに訪れるすべての方のユーザー体験を向上させるため、寄せられた情報をもとにより良いサイト作りを目指して継続的に努力していきます。 株式会社スーホのWebサイトは、障害などによりサイト閲覧上、拡大された文字、高いコントラストによる情報の表示、キーボードのみによる操作などを必要とする方がアクセスし易いよう配慮しています。 また、社内のアクセシビリティに関するガイドラインを日々見直し、改善に努めています。

標準への準拠

優れたユーザビリティとアクセシビリティを実現するため我々は、サイトに応じウェブ標準であるW3CのHTML5、XHTML1.0とCSSを使用しています。サービスの追加・終了に伴いデザイン・レイアウトの変更が起こることも少なくないため、CMSを導入していますが可能な限り全てのページがブラウザーの種類を問わず適切に表示されるよう努めています。

レイアウト

このウェブサイトでは視覚的なレイアウトの為に、カスケードスタイルシート(CSS)を使用しています。 スタイルシートをサポートしていないブラウザでも、可能なかぎりコンテンツの流れが把握できるよう配置、記載がなされています。 印刷時にも内容を把握できるよう努めています。

ナビゲーションおよびナビゲーション補助

サイトの主要なナビゲーションは、各ページの最上部に配置されています。 副次的なナビゲーション要素は、左側のメニューに含まれていますが、これはすべてのページに表示されるものではありません。 ホームページ(ウェブサイトのトップページ)への移動は、上部の項目のリンクを介して全てのページで利用可能です。 すべてのナビゲーション要素は、HTMLで記述され、デザイン要素にはCSSを使用しています。

論理構造を意識したマークアップ

このサイト上のすべてのページは、HTML上の論理構造を出来る限り忠実に反映するよう構成されています。 例えばH1タグは、メインタイトルに使用され、それ以外の目的では使用されません。H2以下のタグは、サブタイトルのために使用されます。

画像

このサイトで使用されるすべてのコンテンツ画像には、画像が非表示の場合でも、その内容がわかるよう代替テキストを記述するよう努めています。 例外的に画像が装飾的な目的のためである場合、その画像の代替テキストは空白のままですがこのような画像の利用は必要最低限に抑えています。

JavaScript

サイトでは、多くのユーザーの利便性向上の為にJavaScriptを使用しています。 しかし、これらの機能は、特定の条件下で特定のユーザーに対しては不便になりえますので、サイト自体はJavaScriptが無効になっているときでもアクセス可能です。

カラー

このウェブサイトの背景色は可読性を考慮し、本文と十分なコントラストのあるものを選択しています。