デジタルフォレンジック

デジタルフォレンジック

フォレンジックツールの開発・データ調査サービス

事業環境のIT化の影響で、近年の企業活動は、膨大な知的財産権の侵害や多量の機密情報漏洩などの問題と、それに対する深刻な訴訟リスクに直面しています。 デジタル・フォレンジックスではそれらの問題が顕在化した際の原因調査や不正アクセスなどのコンピュータ関連犯罪の予防・検出を行うとともに、事件後、対象となった電子機器の証拠性を維持しつつ早期業務再開を可能にするための活動を行います。

スーホでは、コンピュータ上に残るデジタルデータに基づいて、証拠となる情報が収集できるフォレンジックツールの開発・調査サービスを行っています。

デジタル・フォレンジックスとは?

デジタル・フォレンジックスとは、デジタルメディア全般の法科学的分析手法を指します。法的紛争・訴訟に際し、デジタルデータを適切に保全し改竄の無いことを証明したり、調査・分析を通じてユーザーの行動を明らかにし、何時、何が、誰によって行われ、どのような結果が残ったかを明らかにする一連の技術的手法も含みます。

その対象となるのはパソコンやサーバー、ネットワーク機器、携帯電話などがあります。

フォレンジックの手順



1.準備( Preparation ) :ツールや利用する技術を選定し、調査項目を確認します。
2.アプローチ( Approach Strategy ) :作業方針を確認します。また、各種技術を用い被害にあったシステムの損傷を抑えつつ、関連証拠の収集を最大化します。
3.調査媒体の保全( Preservation ) :証拠となるメディアを確保し、書き込み防止措置を施すなどして保全します。この際に取得状況を全て文書化します。
4.収集( Collection ) :標準化され、科学的にも検証された手順に従って、関連する証拠(デジタルデータなど)を収集します。
5.調査( Examination ):専用のツールを用いて調査を実施し、証拠を抽出・分析します。
6.解析( Analysis ) :見つかった証拠を事件との関連で再構成して検証します。解析の過程も詳細に記録し文書化ます。
7.報告( Presentation & report ) :調査結果を依頼者に提出します。